対馬に訪れたらやりたいと晴れる日を心待ちにし、
対馬5日目にしてやっと晴れマークとなったこの日、
ついに九州百名山白嶽へ登山をします。

この記事は登山カテゴリーにしています。


野宿をしていた烏帽子岳展望台の駐車場より。

R0011116

久しぶりに太陽が見えた!

DSCF5477

登山口目指して出発。

R0011117

キャプチャ8

昨日訪れた神社は、潮が引いて歩けるようになっていました。



DSCF5479

野宿場所から1時間程走り、これから登る山が見えてきた。

R0011120

二つの岩が反り立つ双耳峰。
標高は519メートル、山頂を目指す。

DSCF5482

連日の雨で増水しており、歩いて渡るには完全に濡れてしまう深さになっていました。
マフラーまで水が当たり、大きな水蒸気が上がっていた。

DSCF5483

登山口の駐車場に到着も、かなり傾斜があるので少し道を戻って開けた場所に停める事に。

R0011124

ブロックタイヤには楽しい荒れ道。
ですが、荷物が重いのでつらいw

R0011123

R0011121

09:12登山開始

R0011125

道は緩やか。
綺麗な川に沿って歩く。

DSCF5488

以前の登山で水分の足りない状況の辛さを痛感していたので、500mlのペットボトルの水を3本用意。
結果的に1本しか飲むことはありませんでした。
重い思いをしてしまったし、これだけ綺麗な川の水なら、飲んでも大丈夫だったりしたのだろうか?

DSCF5489

R0011127

石の上を歩いて川を渡る。
増水しているから濡れてしまいそうだ。

R0011128

R0011129

R0011130

R0011131

R0011132

DSCF5498

DSCF5497

石の鳥居で一休み。
今まで経験した登山に比べると比較的楽に登っていくことができる。

R0011134

R0011135

ここから段々と傾斜がきつくなり、岩場にはロープが必要な所も。

R0011137

R0011138

R0011139

R0011140

DSCF5500

岩肌の見える山頂近くになると傾斜がかなりきつくなってきた。

DSCF5502

R0011143

R0011144

山頂が見えた。

R0011145

遮る物がなくなりとても風が強い。
そして最後の最難関がくる。

写真だと伝わりにくいのですが、ロープもなく岩盤を這うように登ることになるため、滑落の危険もある。
これを登るの?!と苦笑い。

R0011150

DSCF5505

慎重に岩を登り、

R0011148

11:19白嶽山山頂

達成感のある素晴らしい景色。
ですが、恐ろしく風が強く立ち上がる事もできませんでした。

DSCF5506

DSCF5503

DSCF5511

なんとか登れた岩を次は下りなければならない不安を持ちつつ、下山を開始します。

R0011146

岩を下りるまでは慎重に。
R0011147

R0011152

登りで休憩した同じ場所で昼食。

R0011153

持ってきていたNDフィルターをカメラに付け、三脚を使って川の流れを撮影しながら下山。
撮影しながら歩いていたので、あまり疲労感を感じる事なく下る事ができた。

DSCF5520

DSCF5526

DSCF5542

無事13:40に下山

R0011154

温泉施設で汗を流し、

R0011155

弁当を買って今日の野宿場所へ。

DSCF5543

DSCF5545

R0011156

登山の疲れもあって早い時間に寝ました。

DSC_1103




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
にほんブログ村