6日目 10月21日

キャプチャn

隠岐西ノ島のキャンプ場より。
早朝は寒いが、日が出ると暖かい。
フェリー出航時間まで余裕があるので、テントをしっかり乾かしてから出発しましょう。

205

DSC_0076

このキャンプ場、シーズン外なのもあってか、海岸は漂流物のゴミが溜まってしまってます。
砂浜ではなく石になっているので歩きにくかった。

DSC_0078

さて、今日は隠岐の島で一番行ってみたいと思った場所である知夫里島へ。

207

毎日フェリーでの移動ですね。
知夫里島で降りる車両は私だけでした。

DSC_0081

知夫里島に上陸!
隠岐諸島の有人島4島の中で最も人口が少ない小さな島です。
島内にはハイオクの給油できる場所はありません。
コンビニは勿論、スーパーもありません。(個人でやってる小さな商店があるのかな?)

DSC_0082

まずは島の東側を走ってみる。
島を上陸するとすぐに広大な牧草地になっているのかと思っていたのですが、
学校もあり人々が生活する町がしっかりあるんですね(当たり前か)
お店もほとんどないので、島の人々はどうやって生活してるのかな。

209

灯台へと続く道は一面牛のフンでしたw

DSC_0083

210

知夫里島灯台

213

214

216

220

民宿なかはま(ダイニングカフェDONA)
お昼の時間にのみ営業している小さなレストラン。

DSC_0088

普通の民家の中で食事ができます。

DSC_0084

DSC_0085

今まで食べたオムライスの中で一番美味かったです。
隣で食べていた大学生らしき集団も、うまいうまい言いながら食べていました。
是非島を訪れた際は寄ってみて欲しい場所です。

DSC_0086

島内にはいくつかの宿泊施設、食事のできるお店があります。
私の様なキャンプ道具を持ち合わせていれば問題ありませんが、
予め宿泊場所など考えておかないと寝場所がないような事態にもなりかねません。


食事を終え、この旅で一番の楽しみにしていた場所へと。
景色も変わり、私が走りたかった絶景道を走ります。

223

224

225

226

牛に道を塞がれてしまった(; ̄Д ̄)

229

231

240

隠岐知夫赤壁
小さな柵はありますが、崖の目の前まで行く事ができます。

239

237

かなりの高さで怖い。

234

241

すごい景色だ・・。

242

245

先程よりも多い牛に道を塞がれてしまった( ・Д・)
どうしたものかと困っていると、酪農家の方の軽トラがクラクションを鳴らして牛をどかしてくれたw

247

248

249

250

アカハゲ山展望台
隠岐の島々を見渡せ、どこを見ても絶景です。
私の憧れていた、この旅の一番の目的地!
ここでキャンプをしてみたかったんだ(´∀`*)

254

258

259

260

展望台にはトイレがあり、1階が休憩室になっています。

255

天気が悪い時など、この休憩室で寝泊りする方もいるみたいですね。

DSC_0091

261

テントを設営し、のんびりしていると地元のおじいちゃんが話しかけてくれた。
キャンプしている事に注意されるのかと思いましたが、
「なにもない島だけどゆっくりしていってね」と島の事を話しに来てくれた。
後々ツイッターのフォロワーさんから聞いた所、この展望台はキャンプ場としても地図には紹介されているみたいですね。

DSC_0093

いろんな所でキャンプをしてきましたが、ここが日本で一番綺麗なキャンプ場だと言い切れる。

268

271

270

この日はオリオン座流星群のピーク日らしく、月の灯りが見えなくなった午前3時頃、
セットしたアラームで目覚め、テントの外に出てみると、
星空が広がり、流星を何度も見ることができた。

本土からの灯りも綺麗に見える(´∀`)

273

276

こんな絶景何度も見れるもんじゃないだろうが、寒さと風の強さもありピントの甘い雑な撮影になってしまった(´・ω・`)

279

283

本当に綺麗だった。








にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ