今日は都心からも近く、よく行くお気に入りのツーリングスポットである奥多摩に廃墟・廃村巡りのツーリングへと行って来ました。

ルートや行き方が参考になればと思います。

キャプチャ

東京らしからぬ景色と変わり、多摩川の上流、奥多摩の山沿いの道を走り進みます。
青梅線鳩ノ巣駅近くに鳩ノ巣駐車場があります。ここにバイクを停めて散策。

033

鳩ノ巣渓谷

009

010

廃ホテルはどこかな?と歩き調べていると喫茶店(ギャラリーぽっぽ)の奥にも道があったので、行ってみると見えてきました。
グーグルマップだと鳩ノ巣渓谷の水神宮を目指して歩けば場所はわかるかと思います。

今回は廃れた廃墟の写真、暗い雰囲気で撮りたいのでカメラの設定を変えて撮っています。

012

011

写真に写る立派なホテルは全て廃墟ホテル。
渓谷の遊歩道にもなっているので、立ち入り禁止にはなっていません。(禁止エリアも有り)

013

014

016

017

020

027

028

029

030

続いて廃墟ではなく、現在も稼働中の奥多摩工業氷川工場
奥多摩駅からすぐの場所にあります。

大自然の中にまるで要塞、巨大な工場が見えてきました。

034

川にも降りられるのかと思っていましたが、管理されたマス釣り場になっており、釣り以外の人が降りても良いものなのかわからず降りられませんでした。

035

ごちゃごちゃしていて見ていて面白いです。

037

041

氷川小学校脇の道から、工場の裏側を歩ける道があるようですね。今度はそっちにも行ってみよう。

045

工場の先、日原街道を日原鍾乳洞方面に進んでいきます。

046

倉沢集落と言う廃村へ。
こちらはグーグルマップの案内通りに進んでもたどり着きません。
倉沢のヒノキと言う場所の入り口があるので、そこから歩いて目指します。
バイクや自転車は駐車できますが、車を停めるスペースはありません。
(入り口近くにある分岐点で右の林道側に車も停められそうなスペースがありました)

ヒノキまでは約15分程山を歩きます。

073

047

立派なヒノキが見えてきました。

048

倉沢集落へはヒノキの裏にある道をさらに進みます。
ヒノキ左側にも行けそうな感じの道があり、当初はどっちに進めば良いのかわかりませんでした。

正解は右側で、歩道が続いています。
私が来た時には、大きな蜘蛛の巣が道を塞ぐように張っていたので、進むか躊躇してしまった。
落ちていた木で道を開いて進みましたw

070

歩道は崩れてしまっているので、自己責任で要注意!

053

約3分くらい歩けばすぐに集落の入り口に到着します。
電柱が見え、開けた場所が倉沢集落跡です。

054

形のある建物が一つ残っているように見えました。(屋根のような物が見えるかと思います)
歩きつかれたので、下に降りませんでしたが、さすがに人が今のいる建物じゃないよな?

055

数年前まで建物が残っていたようですが、取り壊されてしまっています。

057

059

060

061

薄暗く少し不気味な雰囲気がありました。

063

065

066

068

当初寄る予定はありませんでしたが、近くまで来たので寄って見ました。
日原鍾乳洞
東京にこんな場所があるんですね~関東随一の鍾乳洞として人気の観光地。

074

076

077

洞窟内はかなり涼しいです。
かがんで進まないと頭をぶつけてしまう場所も。

078

087

082

084

最後に奥多摩周遊道路の入り口にある
奥多摩ロープウェイ(三頭口駅)

111

管理会社が不明の為、撤去もできずに残されてしまっているロープウェイ。

090

091

中の施設内にも入れます。真っ暗なので不気味ですね。

092

095

094

096

097

098

099

102

103

107

108

109

112

奥多摩はツーリングでよく訪れていますが、こうした廃墟廃村巡りも楽しいですね。
当時どんな生活がされていたのか、人口物がまた自然に戻っていく姿が面白く見れます。










にほんブログ村 バイクブログへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ