4日目 07月12日

キャプチャ33

クッチャロ湖キャンプ場
より。
今日はフェリーで利尻島へ、10時50分発の便で渡ります。
地図で見ると近く見えますが、クッチャロ湖から稚内のフェリーターミナルまで約100キロ1時間以上の距離があります。



早い時間に起きれたので、宗谷岬に寄って行く余裕はありそうだ。

067

068

エサヌカ線

キャンプ場からすぐの場所。案内板などがないので行きそびれてしまいがち。
この真っ直ぐな直線を見ると北海道に来た!そんな実感ができますね。

079

071

いい感じに撮れた!ちゃんと三脚持ってくればよかった。

085

086

これは違うなw

087

088

最北端近くで、お母さんと手を繋いだ小さな女の子が手を振ってくれたw
ライダーに手を振ると、振り返してくれるのわかってるんだろうねw可愛かった(*´Д`*)

日本最北端宗谷岬


091

094

宗谷丘陵

写真撮れそうな場所あるかな~と何往復かしてました。
どこ見ても綺麗な景色。

097

102

103

106

107


稚内フェリーターミナル

フェリーを使って利尻島まで移動。
バイクも合わせて8000円近い料金。高いなぁ(;´Д`)
バイクは置いて島に渡る手段もおススメしておきます。

DSC_0223

DSC_0224

DSC_0225

フェリーから見える利尻山。かなり大きく見えます。
屋久島に行った時の事を思い出す。あの時もフェリーから見えた屋久島の大きな山々に感動しました。

DSC_0227

フェリーターミナル内にある、観光案内所で今日泊まれそうな場所を相談。
民宿などはどこも予約で埋まってるらしく、ゲストハウスを紹介された。

フェリー代も高かったし、仕方ない今日もキャンプでいいか・・・。

観光案内所で寝床を探すのは初めてだったのですが、安い寝床を発見できるかもしれない。
じゃらんや楽天も便利ですが、当日探しとなると高いんですよね。

DSC_0228

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に

フェリーターミナルから近く、歩いて温泉にも行ける距離にあります。
利尻山の登山道から一番近いキャンプ場で、私以外の利用者さんは皆登山の方でした。

設営していると、隣に設営している方から「明日は利尻山登るの?」と声をかけられた。
登る予定は無いですと答えると、驚いた様子で「ここまで来てもったいない。」

どうやらお隣さんは今日登山してきたらしく、
自分も最近登山を始めだし、今回のツーリングにも登山靴を履いてきているくらいに
興味もあったので、登山工程を聞かせてもらい、登りたい気持ちになっていた。

明日の天気見て登山してみようかな。

DSC_0230

島を反時計回りに一周。一周約55キロ、1時間もあれば一周できてしまいます。
島の西側は真っ白。島のシンボル利尻山はまったく見えません。

109

110

仙法志御崎公園

晴れていればこんな景色。

120

うーん、なるほど。

111

アザラシが飼育されていて、土産店でアザラシの餌を購入し与えることができるみたい。

118

かわいいねー(´∀`)

116

112

晴れていれば綺麗な利尻山が見える場所なんだけどなぁ('д` ;)
南浜湿原

122

121

オタトマリ沼


125

123

島の東側に戻ると晴れてきた。
西と東でこうも空模様が違うんだね。

126

利尻島に来たら、やはり島のシンボル利尻山を見たいですね。

129

128

127

ペシ岬展望台

島の玄関口鴛泊港からすぐの場所に灯台の建つ大きな岬があります。

130

傾斜がキツいです('д` ;)

141

利尻島を見渡せ、利尻山を目の前に絶景が広がる。

139

134

風が吹いて涼しい。大きな石の上に座って暫く景色を眺めていました。

132

138

翌日はあまり天気が良くなさそう。
せっかく利尻山を登っても、雲ばかりでなにも見えないんじゃ嫌だし、
礼文島へ行く事に決め、勇気を出して某ヤバいホテルを予約。
今から不安と期待でいっぱいです( ;゚д゚)

そんな事を昼にも話した隣のキャンパーに伝えると、
「一人で初めて行く人は、皆の前に立たされて話さなきゃいけないよ」
不安になる事いわんでくれー('A`)

DSC_0234

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ